▼サークル紹介

私たちは大阪大学ジャグリングサークルPatioです。

ジャグリングとは、
3つ以上のお手玉をしたり、
こまをまわしたり、
シガーボックスという箱を華麗に操ったりといった、
様々な芸のことをいいます。

他人と少し違うことをしたい方、
人前でおもしろいことをしたい方、
運動不足ぎみで体を動かしたい方、
「ジャグリング」をやってみませんか?

3つのお手玉なら誰でもすぐに出来るようになりますよ!
ジャグリングに少しでも興味がわいた方は学生に限らず、
誰でも気軽にぜひ一度Patioへ見学、練習しに来て下さい。

また、日本トップレベルのハイレベルなジャグリングに触れたい方も、
ぜひお越し下さい。
お待ちしております!


▼Patioに関するQ&A

Q.どんな活動をしていますか?
A.阪大構内での普段の練習、
月1回の練習会、
月1回の小学校での講習会、
年2回の阪大の学祭でのパフォーマンス、
サークル内発表会、
子ども会、小学校、老人ホームなどでのパフォーマンスなどを行っています。
合宿、飲み会、ボーリング大会などその他イベントも多数あります!

Q.練習に参加したいのですが、道具を持っていません。貸してもらえますか?
A.私たちは練習のときはいつも余分に道具を持っています。
気軽に声をかけてください!

Q.練習にはどういった人が参加していますか?
A.基本的には阪大の学生メンバーが中心です。
月に1回ある公民館練習会では学生に限らず、
小学生~お年寄りまで幅広く来ていただいています。

Q.会員になるにはどうしたらいいのですか。また、会費はいりますか?
A.代表者にご連絡ください。
阪大の学生は会費(年間1000円)が必要ですが、
見学や体験してみるだけであれば、会費は不要です。
また、阪大の学生以外の方や、社会人の方からは会費をいただいていません。

Q.忙しいのであまり練習には参加できないのですけど、それでもいいですか?
A.練習は基本的に自由参加なので自分の都合で練習できます。
モチロン、ほかのサークル等とのかけもちもOKです。


▼活動履歴

●1998年4月頃:
ジャグリングのシュミレーションソフト「JuggleMaster」の
原作者である松岡顕氏を中心にして、数名のメンバーが集まる。
近くの図書館や公民館から出演依頼を受けはじめる。

●1999年5月初頭:
いちょう祭(阪大の大学祭の1つ)で、阪大での初ステージ。
1999年5月末:キット・サマーズ氏のジャグリングワークショップが、
阪大の体育館を使って行われ、サークルの存在を大きくアピールする。
他サークルの人たちとの交流も多くなる。
●1999年11月:
森・下山組が宝塚ファミリーランドでパフォーマンスコンテストに参加し、
3位入賞。
●1999年12月:
サークルの名前を「Patio」に決定。
Patioとはスペイン語で「中庭」という意味で、
阪大構内の広場で練習していたことが由来。

●2004年6月:
CumeがJJF(ジャパンジャグリングフェスティバル)
チャンピオンシップにて銀賞受賞。
Patio初のJJFチャンピオンシップ受賞者。

●2005年8月:
OBである森がJJF広幡杯受賞

●2007年3月:
Sがじゃぐなぎ杯優勝。
●2007年9月:
SがJJFチャンピオンシップにて金賞受賞。
OBである森がJJF広幡杯受賞。

●2008年3月:
大回転古谷がじゃぐなぎ杯優勝。
Kama-Tがじゃぐなぎ杯3位入賞。
●2008年10月:
大回転古谷がJJFチャンピオンシップにて銀賞受賞。
(大回転古谷の映像はこちら)
OBである竜半がJJFチャンピオンシップ銅賞受賞。
OBである森がJJF広幡杯受賞。

●2009年3月
大回転古谷がじゃぐなぎ杯優勝、2連覇。
中村快がじゃぐなぎ杯3位入賞。
●2009年10月
kai-pan、あつし22がJJFチャンピオンシップ出場。

●2011年3月
カップラーメンがじゃぐなぎ杯出場。
●2011年10月
カップラーメンがJJFチャンピオンシップ出場。

●2012年3月
大谷フロンターレ、大回転古谷がじゃぐなぎ杯出場。
●2012年5月
GTO、ムターゼ、岡田大輝が第1回日本シガーボックス大会出場。
ゴ~チョが同大会で優勝。
●2012年8月
渡邊友加里が東京国際ディアボロ競技会(TIDC)2012女子個人総合で2位入賞。
●2012年9月
ゴ~チョが第1回アマチュアジャグリングコンテストでハーバービレッジ賞受賞。
●2012年12月
氏家道登がマレーシア国際ディアボロ大会(Diabolo Malaysia Open Competition)団体部門で3位入賞。
(氏家道登の映像はこちら)

●2013年3月
瀬口大誠、かるがも、佐々木香織、宮田健矢、井上尚紀が第1回学生ジャグリング大会に出場。
同大会で渡邊友加里が女性個人部門で銀賞受賞、かるがもがチーム部門で銅賞受賞。
●2013年8月
神谷岳が東京国際ディアボロ競技会2013の3ディアボロ部門で3位入賞。
(神谷岳の映像はこちら)
氏家道登が同大会団体部門で3位入賞。
●2013年12月
氏家道登がマレーシア国際ディアボロ大会(Diabolo Malaysia Open Competition)団体部門で2位入賞。
(氏家道登の映像はこちら)

●2014年3月
瀬口大誠、神谷岳が第2回学生ジャグリング大会に出場。
同大会で瀬口大誠がジュニア部門で金賞受賞、神谷岳が男子フリー部門で金賞受賞。
(神谷岳の映像はこちら)
●2014年5月
井上卓磨が2014年全日本ヨーヨー選手権大会の5A部門で優勝。
(井上卓磨の映像はこちら)
●2014年7月
兼平慎一がディアボロサマーフェスティバル2014の公開男子ジュニア部門で2位入賞。

●2015年3月
清水公太、らっせ~ら世良が浜松スポーツジャグリング大会(じゃぐなぎ杯)に出場。
同大会、エキスパート部門で清水公太が3位入賞。
じゃせん(井上卓磨)、三澤明寛、瀧井泰仁、清水公太が中部学生ジャグリング大会に出場。
同大会、大学生ジュニア部門で三澤明寛が2位入賞、男子個人部門でじゃせんが1位入賞。
(じゃせんの映像はこちら)
三澤明寛、山下泰広、ラスカル(兼平慎一、塚谷洸太)、らっせ~ら世良、清水公太が第3回学生ジャグリング大会に出場。
同大会、ジュニア部門で三澤明寛が銀賞受賞、男性個人部門でらっせ~ら世良が金賞受賞、清水公太が銀賞受賞。
また、チーム部門でラスカルが金賞受賞。
(三澤明寛の映像はこちら)
(ラスカルの映像はこちら)
兼平慎一、清水公太、ラスカル(兼平慎一、塚谷洸太)が第四回全日本ディアボロ選手権大会に出場。
同大会、男子1ディアボロ水平(固定)軸部門で兼平慎一が3位入賞、団体部門でラスカルが2位入賞。
また、男子個人総合部門で清水公太が3位入賞。